一般社団法人 静岡県地域女性団体連絡協議会

地域婦人会は戦後の混乱期に、年齢・職業・趣味はもちろん思想・政治的信条を異にしながらも、同一地域の女性であるということを共通項として結ばれた団体。県内にある女性団体28団体の会員は50~60代の女性が多く、在宅する高齢者に向け悪質商法トラブル防止など、女性同士の顔を合わせたつながりの中で、住民が相談機関へ行くための橋渡しや情報伝達のネットワークを広げるなどの活動をしている。今後もっと若い世代が積極的にコミュニケーションをとって高齢者の役に立つ日がくればとても素敵で安心な社会になっていくでしょう。

ホームページ http://s-kenren.main.jp/
所在地 〒422-8063 静岡市駿河区馬渕1-17-1 静岡県男女共同参画センター内
電話番号 054-252-0611
アクセス JR静岡駅より徒歩9分

face to faceで地域に根ざした活動

会長 長野蝶子さん

弱い立場である高齢者が被害にあわないために「啓発サポーター」と呼ばれる、住民と相談機関をつなげて、消費教育を広げていくための人材を育成する研修会を行っている。高齢者に対する啓発は、とにかく顔を合わせて、一人一人個人に伝える、話しかけることが大切。「顔見知りの人がいれば安心」「困ったことがあったら、私に言ってね」と地域に密着して活動することで、信頼関係も生まれる。

替え歌で悪質商法にダマされないぞ!

♪どこかお体 悪くない? 聞かれりゃついつい答えちゃう♪
♪言われるままに名前書き 後から気付けば30万♪
在宅する高齢者を対象としているため、サポーターが居住近くの会場に出向き、寸劇や替え歌でわかりやすく伝える。中でも童謡・うさぎとかめを元にしたユニークな替え歌は誰でも覚えられそうだ。高齢者の悪質被害が多いが、常に離れて住む家族とコミュニケーションを取っていればトラブルは減っていくでしょう。

少しの工夫でPR効果UP

せっかくの情報も普通の紙のチラシのままでは捨てられてしまうだろうと、ラミネート加工で保存性を高めひと手間をかけて配布する。相談先の電話番号やトラブルの被害を示す「2億円」などの数字は大きな字で簡潔に。また、汚れにくく剥がしやすい材質を選び電話の受話器に貼れるシールなど、女性ならではの生活の知恵で配布する物にも工夫を忘れない。受け取られた皆さんにも気持ちが伝わり好評なことが活動の励みだと言う。