沼津市消費生活センター

相談を受けている平日8時30分〜17時15分の間に、圧倒的に多いのが電話での相談。中でも、パソコンや携帯サイトの利用料の不当請求や、多重債務に関する相談が多く、通常は相談員の助言による早めの解決を目指している。最近は複雑で高度な相談が増加しているため、相談員の各種講座参加や専門図書を利用して技術の研鑽を積み、日々進化するトラブルに対応できるよう努力している。

ホームページ http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/consumer/index.htm
所在地 〒410-8601 沼津市御幸町16-1
電話番号 055-934-4841
アクセス JR沼津駅より徒歩15分
JR沼津駅よりバス約5分 JR沼津駅(南口)バスターミナル 4番乗り場

健全な消費生活で自身を守る

相談に来る時は既にお金をたくさん使ってしまい、身も心もボロボロになってしまっている消費者も多い。相談にのり、知識や情報を提供して、いくらかのお金を取り戻せる方法は伝えることができるが、その人自身の傷ついた心はなかなか癒すことが難しいのが現実だ。
「消費者トラブルは、お金の問題だけではない。」その背景には人の心がある。精神的被害者にならないためにも、消費生活に関する知識が必要だ。

人の心につけ込む甘い罠

「出会い系サイト」という名前から、最初から出会いを求めている人が引っかかると思われがちだが、そういったケースだけではない。無料のゲームや懸賞に登録したのがきっかけで、知らない人から甘い言葉のメールが届くことがある。いつもの自分なら、一笑に付すような出来事。「その時は何気なく返信してしまった」とサイト被害を振り返る相談者が多い。

最初の1回にひっかからない!

パチンコや競馬の攻略法や海外宝くじ当選商法といったギャンブルがらみの甘いワナは、1回でも、たとえ少額でもお金をつぎ込んでしまうと、取り返したいという心理状態になり、抜け出しにくくなるもの。
大切なのは1回目にひっかからないこと。そのために、センターではホームページでわかりやすくイラストを入れて事例を紹介したり、毎月発行の市広報紙で最新情報を提供したりしている。
また、市内の希望する団体を対象に「啓発出前講座」も随時実施しており、年間1,000人近い参加者の好評を博している。時には、オリジナルの啓発グッズを配布するために街頭に立つこともある。「トラブルの未然防止」を目指し、今後も様々な方向から活動を続けていく。