富士宮市消費生活センター

3人の女性専門相談員が、月~金曜日の9~16時までの時間内で対応。「消費者が主役」という立場で幅広い年齢の相談者をサポートする。2011年10月の土日に開催したイベント「市民生活展」では、消費生活センターで1コーナーを持ち、消費に関するクイズを実施。来場者市民に消費者トラブルの知識を高めた。また、玄関や電話に貼れる注意のシールを市民一人一人に送る活動もしている。
 
消費者トラブルは誰でも巻き込まれる可能性のあるもの。もしトラブルに巻き込まれてしまったら「恥ずかしいと思わないで、また、1人で抱えないで、早めに相談に来てください」と、相談員からメッセージ。

ホームページ http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/citizen/llti2b000000rgcf.html
所在地 〒418-8601 富士宮市弓沢町150(富士宮市役所1階)
電話番号 0544-22-1197
アクセス 東名高速道路富士ICから
西富士道路(有料)へ接続(富士宮市まで約10分)または国道139号へ接続(富士宮市まで約20分)

新しい手口には迅速な情報共有と勉強が大切

相談員は時代によって変化する案件に対応するため、研修や勉強会に熱心に取り組んでいる。静岡県東部で連携して情報交換し、全国の相談員や職員が集まる国民生活センターなどの勉強会で横の繋がりを大切に活動。また、国民生活センターと直結するパソコン「PIO-NET(パイオネット)」を活用して全国の相談内容を参考に、様々な案件に対応。解決の困難な案件は、弁護士相談など他機関の相談窓口を紹介するなどして解決へと導いている。

知っておいて欲しい!「未公開株」について

『必ず儲かる』『高配当』『元本保証』という言葉がでたら要注意。未公開株の企業が上場する確立は、宝くじに当選するよりも低い。業者は「お任せください。絶対儲かりますよ」と甘い言葉を投げかけるが、自分で仕組みが分からないものに関しては、大金を出すことはやめた方がよい。

悩みがある人や話し相手が欲しい人はコロッと?

最近多いのがパソコン、携帯電話からのネット関連の相談。占いサイト、懸賞サイトなどから違う出会い系サイトにとんでしまい、その後「私には遺産が数億円ありますので、私と話し相手になってくれれば、お金をあげます」などのメールが送られてきて、メールのやり取りに必要なポイントを、クレジット、電子マネー、ATMでの送金などの手段で購入。気づいたときにはかなりの額となってしまうことが多いようだ。